工場長/再資源化事業部

大塚 翔太

Otsuka Syota

2013年入社

仕事内容

工場長として、原町工場全体の運営を任される。廃棄物搬入量の把握や施設設備の確認はもちろん、施設修繕の打ち合わせや行政の視察の対応など、業務は多岐にわたる。また、労務管理を通して、スタッフの体調管理にも気を配る。数年後に完成予定の新工場に向け、人材育成も積極的に進めている。

若いスタッフにも
仕事を任せる。
その社風に惹かれた。

大好きなアウトドアでたびたび見かける不法投棄に心を痛め、「一度きりの人生なのだから社会貢献しよう!」と決心。当社に入社したキッカケは、社風に惹かれたから。会社説明会で年の近い先輩から「やりたいことがあれば積極的に発言すればいい。そうすれば、どんどん仕事を任せてもらえるよ」と聞き、「ここなら夢が叶う!」と思ったんです。

入社後はプラントの維持管理、ドライバーなどを経験。維持管理業務では苦労して覚えた分、人は成長するということを知り、ドライバー業務では効率よく仕事をすることを覚えました。どちらも、今の私には欠かせない経験です。

苛酷な作業現場で
築いた信頼関係が
何よりの宝物。

入社2年目の年に、とても貴重な経験をしました。それは、豊橋市で発生した鳥インフルエンザの最終処理作業です。
それは、地下6mに埋却した鳥をウイルスが消滅する3年後に再度掘り起こして、処分場で最終処分をするというもの。有毒なガスが発生したりする危険な現場でもありましたが、誰かがやらなくてはいけなかった。新しいことに挑戦したいと感じた私は、作業現場の監督に立候補。約1年間、当社スタッフや協力会社とともに頑張りました。

分からないことも多く、苛酷な現場でしたが、人や会社とのつながりの大切さを実感。たくさんの信頼関係を築けたと自負しています。また現場監督として、収支をコントロールする貴重な経験を積ませていただきました。

夏場のつなぎを
新しく導入し、
快適な作業を実現。

今までの頑張りが認められ、入社4年目の4月に最年少で工場長に就任。工場長の仕事は多岐にわたるため、説明しづらいのですが……。一番大切にしていることは、現場の安全を確保することと工場スタッフの体調管理です。就任直後には、熱中症対策として夏用の薄手のつなぎを導入。少しでも快適に作業してもらえればと思ったのですが、スタッフからは「カッコイイ」と意外な反応が(笑)。

最近では、全国から同業者が集まる産業廃棄物経営塾に参加。経営戦略を学んだり、他社の処理工場を見学したり、ここでも貴重な経験をしています。でも一番良かったのは同業者とのネットワーク構築ですね。

一日のスケジュール

  1. 出社

    前日の報告と、一日の予定を確認します。

  2. 本社工場に報告

    選別や焼却の予定を上司に報告。

  3. 現場確認

    設備の状況を確認し、修繕の有無を判断します。

  4. 来客対応

    設備メーカーや行政の視察などの対応。

  5. 昼食

  6. 現場の改善提案

    設備の改善を提案し、
    収益アップを目指します。

  7. 労務管理

    スタッフの勤怠などをチェックします。

  8. 商談

    排出事業者との価格交渉などを行います。

  9. 退社

応募されるみなさまへ

一度きりの人生なのですから、分野にこだわらずにいろいろな会社の説明会に参加してみてください。その中で、「ここだ!」という会社に出会えるはず。

当社はパワフルな会社です。入社後は、困難や難問にぶつかることもあるでしょうが、それもすべて自分の成長につながることばかり。「現状維持は衰退」と言いますが、私自身も今の自分に満足することなく、もっともっとハードルを上げて挑戦し続けたいと思っています。一度工場見学に来ていただければ、当社の若さとパワーを実感できると思いますよ!