ドライバー/業務収運事業部 一般廃棄物チーム

今井 祐輔

Imai Yusuke

2013年入社

仕事内容

パッカー車や吸引車を運転して、担当エリアの廃棄物を収集。現場では、お客さまの要望を伺うなど、営業的な役割も担当する。社内では、廃棄物処理・リサイクルの全国ネットワーク、エコスタッフ・ジャパンの各種検定に向けた、勉強会の講師役も務めている。

仕事をしながら
トレーニング(笑)!
まさに一石二鳥。

学生時代は、農学部で環境について学んでいました。中でも、食品廃棄物の講義や水処理の研究に夢中で、その知識が生かせる就職先を探していた時に出会ったのが当社です。廃棄物処理工場はもちろん水処理施設もあり、さらには関連会社に農業生産法人を持つ、まさに理想の会社でした。

入社後は、工場の焼却や水処理、畑作業など一通りの部署を経験。現在はドライバーとして仕事をしています。当初は土地勘もなかったため、かなり苦戦しましたが、先輩の指導のおかげで1か月後には一人でルート収集できるまでに成長。廃棄物の積込みは体力的にもキツく感じましたが、自然と筋力もアップ!仕事をしながらトレーニングができるなんて、うれしい発見でした(笑)。

ドライバー同士が
協力し合って
効率UPを実現。

当社のドライバーの仕事は、担当エリア内のお客さまの廃棄物収集です。基本的には決められたルートを走るのですが、ドライバー同士の情報を共有して、ルートの改善にも取り組んでいます。

その方法としては、現場でお客さまとコミュニケーションを取ること。ゴミを出すタイミングや曜日、業態を正しく把握し、その情報を他のドライバーとも共有。より効率よく収集できるようにルートを編成して、それがハマった時にはパズルが完成した時のような達成感があります。

社内勉強会の講師を
務めることで
さらに自分自身も成長。

現場でお客さまと直接接することも多いドライバーは、会社の顔でもあります。それに恥じない知識を得るため、エコスタッフ・ジャパンの産業廃棄物収集運搬のドライバー検定とセールス検定を受験し、見事合格!

現在は、検定に向けた社内勉強会の講師としても奮闘中。廃棄物処理にかかわる法律などの知識はかなり難しいのですが、できるだけ分かりやすく説明するように心がけています。教える立場の私が質問に答えられないと恥ずかしいので、私自身も一緒に猛勉強!2016年には、全国でトップの合格者を輩出したことが認められ、表彰されました!

一日のスケジュール

  1. 出社&朝礼

    一日のスケジュールを確認します。

  2. 廃棄物の収集に出発

    担当エリアは豊川市。
    平均で100件ほど収集に回ります。

  3. 昼食

    空いた時間に昼食と休憩を取ります。

  4. 帰社&洗車

    収集した廃棄物を決められた場所に出し、
    車を洗車します。

  5. 日報作成

    一日の報告を行います。

  6. 退社

応募されるみなさまへ

当社の魅力は、「明るく温かい雰囲気の職場」です。入社1年目は分からないことばかりだと思いますが、先輩たちも話しやすい人ばかり。時に仕事では厳しいことを言われることもありますが、一緒に悩み一緒に成長できる仲間でもあります。

もう一つの魅力は「やりたいことが見つかる環境」です。自分の頭で考えて「これがやりたい!」と意思表示をすれば、叶えてくれるのが当社。頑張れば頑張った分、確実に身になるのが何よりのやりがいです。行く行くは私も別部署で経験を積んで、この業界のイメージアップにつながる取り組みをしたいと思っています。近い将来、それも実現させてみせたいですね。