業務部門長/業務収運事業部

萱間 道治

Kayama Michiharu

2013年入社

仕事内容

業務部門長として、約30名のドライバーを取りまとめる。廃棄物収集のコース決定や配車手配がメイン業務。人出が足りない場合は、自らドライバーとして収集にまわる事も。
普段からドライバーとの密なコミュニケーションを心がけ、体調面や精神面にも気を配る。

新しいことが学べる
環境に憧れて
入社を決心。

入社のキッカケは、会社説明会に参加したこと。地元の企業だったので、「とりあえず話を聞いてみよう」と気軽に参加してみたら…、その時に対応してくれた先輩社員の話がとにかくおもしろくて引き込まれたんです。常に変化する現場、新しいことを学べる環境、そして何より企業の安定性が決め手となりました。

入社後は、原町工場の焼却やヤードでの選別作業などを担当。右も左も分からない中、年の近い先輩がいてくれたおかげで、分からないことはすぐに確認できる環境に助けられました。

年の近い先輩が
分からないことは
しっかりサポート。

働き始めてみたら、学生時代より覚えることがたくさんで驚きましたが、同時に日々の成長を実感できるのが嬉しかったし、やりがいを感じました。 その後、ドライバーとして1日平均100件の廃棄物の収集を担当。ここでも先輩のサポートを受けながら、パッカー車の運転のコツ、コースの覚え方、回収できる廃棄物の種類……、色々なことを学びました。

入社4年目にはドライバーをまとめる部門長に就任。30名のドライバーの配車ができるのか不安でしたが、管理職の先輩に助けてもらいながら……、頑張っています(笑)

業務部門長として
組織の強化と
自身の成長が目標。

現在は業務部門長として、30名のドライバーの配車を管理。効率よく廃棄物を収集するため、ドライバーの経験値を加味しながらコースを決めていきます。効率を求めすぎるあまり、ドライバーに大きな負担をかけてしまうことのないよう、バランスには特に注意しています。

入社してから現在まで、常に新しいことに挑戦する毎日で、覚えることもたくさんあります。でも、今の私にとってそれは楽しくさえあり、モチベーションアップにもつながっている。今後はどんな状況においても、お客さまの要望に応えられる組織づくりを目指して、会社とともに成長し続けたいです。

一日のスケジュール

  1. 出社

    役員に一日の流れを報告します。

  2. 朝礼

    来客など、一日の予定を確認します。

  3. 会議

    役員に一週間の報告をします。

  4. 事務作業

    担当ドライバーの勤怠入力などを行います。

  5. 昼食

  6. 配車手配

    翌日のコースを決定し、30名分の配車を手配。コース表を出力して、各ドライバーに連携します。

  7. ドライバー帰社

    収集を終えて帰社したドライバーから、
    その日の報告を受けます。

  8. 退社

応募されるみなさまへ

廃棄物処理とひと言で言っても、仕事は多岐にわたります。どの部署が欠けても、廃棄物を適切に処理できない大切な仕事ばかり。当社では、毎年新入社員には年の近い先輩がつきっきりで教えるため、入社前の知識は必要ありません。日々の変化を楽しく感じ、成長をやりがいに感じられる方には、最適な職場なのではないでしょうか。

社名の通り「明るく」「輝ける」ステージが待っています。元気に挨拶ができる方、一緒に楽しく働きませんか?明輝クリーナーでお待ちしております!