取締役/ 役員

鈴木 亮壱

Suzuki Ryoichi

2006年入社

仕事内容

入社後、医療廃棄物を収集するドライバー、営業事務、経理事務などを経て、2019年3月、取締役に就任。現在は、売上げおよび利益向上のための計画立案などで、経営の土台を支える。社員たちには、理解を伴った行動を習慣づけるよう指導する。

入社当時に感じたことや
職場の環境、社風を教えてください。

入社当時の私は、廃棄物処理の仕事の魅力、可能性について十分な理解ができていませんでした。ただ、大学と大学院で研究を続けた環境分野と、どこかでフィッティングするだろうとの確信だけはありました。実際に働きだしてからは、ルートをパズルのように組み立てて回るドライバーの仕事に楽しさを覚え、日々充実していましたが、なにより人間関係の良さが心地よかった。

当社はズバリ、やりたいことが叶う会社です。風通しのいい職場環境の下、みんなが自由に意見を発言できる。そして、その意見が認められれば、廃棄物処理の枠を超えてチャレンジさせてくれる、それが明輝クリーナーの社風です。

実際にその社風を体験された
エピソードを教えてください。

入社して半年後、思いもよらず腰を痛めてしまったのですが…。先輩が名医を紹介してくれたり、仕事面でもサポートしてくれたりと、おかげで不安に感じることはありませんでした。その後、担当した営業事務や経理事務では、新人ながら得意なパソコンを駆使して作業効率を上げたり、朝礼を導入したり…。さまざまな業務改善に取り組みました。いま思えば入社数年目の新人に、よくぞこんな大きな仕事を任せてくれたと感謝しています。

それは今も変わることなく、会議では若手が積極的に発言しています。これはやる気さえあれば、どんな仕事も任せてもらえるということ。当社では経験に関係なく、活躍の場が広がりますよ!

会社の将来、
今後の展望を教えてください。

当社では、5年後に売り上げを50億にするための中期経営計画を立てています。そのため、現在の柱である廃棄物処理事業をベースに、今後はより生活インフラに直結したビジネスを展開予定。すでに関連会社の株式会社ドリームフィールドでは、キャベツやトマトなどの農作物を栽培して販売するなど、当社の環境保全計画の一端を担っています。

そして2020年6月には、原町工場に120トンのキャパシティを誇る大型の新焼却炉が完成。8月に予定する稼働と同時に、廃棄物を資源に発電を行うエネルギーセンターが誕生します。さらに今後想定される災害時には、信頼できる防災拠点として地域の方々を支援。このように、廃棄物処理事業を超えて、ますます地域に密着した事業を展開していきます。

一日のスケジュール

  1. 出社

    メールと前日の売り上げをチェックします。

  2. 朝礼

  3. ミーティング

    役員と部長が参加し、
    今後の経営計画などについて検討

  4. 打ち合わせ

  5. 昼食

  6. 打ち合わせ

  7. 株式会社ドリームフィールドで打ち合わせ

    専務取締役として運営を管理しています

  8. 退社

応募されるみなさまへ

給与や福利厚生はもちろん大切ですが、これからの人生で多くの時間を費やすのが仕事ですから、やりがいを感じながら楽しく働くことが重要ではないでしょうか。そんな仕事と出会うには、インターネットの情報だけではダメ。実際に会社に足を運び、先輩社員たちとコミュニケーションをとってください。社員一人ひとりの表情や挨拶、身だしなみをチェックすると、その会社の本質が見えてきますよ。